Learn or Die

生涯勉強。Macです。

Others

grepコマンド-特定の文字を含む行を抽出する

grepコマンドとは ファイルの中で、指定した文字列が含まれている行を表示するコマンド。 例)projectディレクトリ配下で「customer」という文字を含むファイルを抽出する $ grep customer project/* 実行結果をファイルに出力する $ grep customer project/*…

gitでリモートブランチをローカルにcheckoutする

#git checkout -b ローカルブランチ名 origin/リモートブランチ名 $ git checkout -b develop origin/develop

git cherry-pickコマンド

cherry-pickコマンドとは 他のブランチの特定コミットを、反映させることができるコマンド。 使用方法 例:masterブランチのコミットをfeatureブランチにcherry-pickする $ git checkout master $git log commit ce63lkjokh123ilkkjlll31a098098sdkje18f04d9…

Please enter a commit message to explain why this merge is necessary, especially if it merges an updated upstream into a topic branch

エラー内容 gitでリモートのブランチをpullすると、下記のエラーが出ました。 コミットメッセージを入れてください、と書いてあります。 エラーかと思いましたが、ちがいました。 Merge branch 'master' of github.com:xxx/ first # Please enter a commit m…

知っていると便利なgit diffのオプション

Working directory:ローカル ステージングエリア:git addされるところ ローカルリポ:git commitされるところ オプション一覧 No 用途 コマンド 1 Working directoryとステージングエリアのdiffを確認する git diff 2 Working directoryとローカルリポのdi…

git mergeのやり方

前提 マージ先: master マージ元: new-feature 方法 #masterブランチに切り替える $ git checkout master #差分を確認。git diff <ベースブランチ> <作業ブランチ> $ git diff master new-feature #new-featureブランチをmasterブランチにマージする $ git m…

git logについて

git logのよく使うオプション一覧 git log --online 各コミットを一行で表示する。 得られる情報はコミットID(省略形)とコミットメッセージ。 $ git log --oneline 7d03176 (HEAD -> main) name changed 095671a first commit b52de06 (origin/main, origi…

git mvとmvコマンドの違い

git mv git mvでファイル名を変更した場合、Git側はファイル名が変更されたことを理解し「renamed」と表示される。 $ ls README.md newfile.txt # ファイル名をnewfile2.txtに変更 $ git mv newfile.txt newfile2.txt $ git status On branch main Your bran…

git add / git commit / git pushを取り消す

git addを取り消す $ git reset HEAD ファイル名 #すべてのaddを取り消す $ git reset HEAD . 覚えなくても、git statusでコマンドを確認できます。 $ git status On branch main Your branch is up to date with 'origin/main'. Changes to be committed: (…

紐付いているリモートリポジトリを確認する

$ git remote -v #fetch元 origin https://github.com/user/project.git (fetch) #push先 origin https://guthub.com/user/project.git (push)

既存のディレクトリをgitリポジトリにする

1.プロジェクトのディレクトリに移動する $ cd ~/Desktop/project-name 2.git initでgitリポジトリを作成 $ git init ※git initをするとカレントディレクトリに.gitフォルダが作成される。 3.「.git」が作成されていることを確認 $ ls -a . .. .git

Gitリポジトリの作成方法

作成方法は3つ 何もない状態から新しいリポジトリを作成する 既存のディレクトリをgitリポジトリにする 既存のリモートリポジトリから作成する 何もない状態から新しいリポジトリを作成する プロジェクトを作成するディレクトリに移動 $ cd ~/Desktop/ プロ…

TCPについて詳しく調べてみた

TCPとは Transmission Control Protocolの略。 通信するときに使うルール(通信プロトコル)のひとつ。 TCPはコネクション型プロトコル(通信相手の応答があってはじめて通信を開始する)なので、データ転送を行う前にコネクションの確立を行う。 このTCPにお…

revertを取り消す

リモートのベースブランチでreveertし、消えてしまった修正分を再度pushする。 # ベースブランチに移動 $ git checkout master # リモートの変更分を取り込む $ git pull origin master # 作業ブランチに移動 $ git checkout feature/task10 # ベースブラン…

Git – revert

revertとは 既存のコミットを取り消すためのコマンド。 「取り消したいコミットを打ち消すようなコミットを新しく作成する」という処理によって、既存のコミットを取り消す。 新しくコミットを追加しているだけなので、既存コミットの履歴が消えるわけではな…

Gitコンフリクト解消方法(git mergetool)

プルリクを送ったときにコンフリクトが起きた際の解消手順。 手順 1.ローカルでベースブランチに移動する。(developやmasterなど) 2.ベースブランチでpullしてリモートの変更を取り込む 3.作業ブランチに移動する 4.作業ブランチにて、リベースコマンドでベ…

git clean

git cleanの使い方 1.対象外ファイルを確認する(実行はされない) $ git clean -f PATH 2.作業ディレクトリから追跡対象外のファイルを削除する $ git clean -n カレントディレクトリのファイルを削除 $ git clean -f ディレクトリも削除 $ git clean -df

ドキュメントルート(DocumentRoot)

ドキュメントルートとは ドキュメントルートとは、WEBサーバ上に公開するためのルートディレクトリ。 この場所にファイルを配置することで、インターネット上にサイトが公開される。 ドキュメントルート配下のディレクトリ以外はサイトを設置してもインター…

Docker Composeの概要

Docker Composeとは DockerでWebアプリケーションを作るとき、アプリケーションサーバ、Webサーバ、DBサーバなどいくつかのコンテナ同士を連携させて動作させる。 Docker Composeは、複数のコンテナをまとめて管理するためのツール。 Docker Composeは、「do…

ENV命令とWORKDIR命令

環境変数の設定(ENV命令) Dockerfile内で環境変数を設定したいときは、ENV命令を使う。 ENV命令の記法は2通りある。 key value型 単一の環境変数に1つの値をセットする。 ENV [key] [value] key=value型 一度に複数の値をセットする場合はkey=value型を…

デーモンの実行(CMD命令)

デーモンとは デーモンとは、Unix系のマルチタスクオペレーティングシステム において動作するプロセスで、主にバックグラウンドで動作する。 デーモンは、コンテナ起動中に常にバックグラウンドで動いている。 CMD命令 RUN命令はイメージを作成するために実…

コマンドの実行(RUN命令)

FROM命令で指定したベースイメージに対して、なんらかのコマンドを実行するときはRUN命令を使う。 アプリケーションをインストールする、環境構築のためのコマンドを実行するなど RUN [実行したいコマンド] RUN命令には、2通りの記述方法がある。 Shell形式…

DockerfileからDockerイメージの作成

Dockerfileからイメージを作成するには、docker buildコマンドを使う。 $ docker build -t [生成するイメージ名]:[タグ名] [Dockerfileのパス] 例 Dockerfileからtestというイメージを作成する場合 $ docker build -t test:ver1.0 ./ # 作成されたか確認 $ d…

ER図の基本ルール

エンティティ データのまとまりのこと。 エンティティの中にアトリビュートという属性情報がある。 アトリビュート(属性) エンティティの中の属性情報のこと。 主キー エンティティ上部で四角に囲い明示 外部キー 項目名の後ろに「(FK)」と書いて明示する …

Dockerの「COPY」と「ADD」の違い

COPY ビルドコンテキストのファイルを、イメージに組み込むことができるインスタラクション。 COPY ファイルのパス コンテナの配置場所 ADD tarの圧縮ファイルをコピーして解凍したいときはADDを使う。 ※COPYは単純にファイルやフォルダをコピーする場合に使…

Dockerfileの主要なinstruction「FROM」「RUN」「CMD」

FROM ベースとなるイメージを決定する。 DockerfileはFROMから書き始める。 RUN LInuxコマンドを実行する FROMの次の行にパッケージをインストールするRUNを書くのが一般的(長くなる場合は \ を使って改行する) RUN毎にLayerが作られる Dockerfileを作ってい…

dockerイメージとコンテナの削除方法

イメージ削除 指定したイメージを削除する $ docker rmi イメージID 未使用のイメージを一括削除する $ docker image prune コンテナ削除 指定したコンテナを削除する $ docker rm コンテナID 未使用のコンテナを一括削除する $ docker container prune

dockerイメージをdockerhubにpushするまで

1. dockerhubでリポジトリを作成する Create Repositoryで作成可能。 2. コミットする $ docker commit コンテナID イメージ名:タグ名 # 例)docker commit a0f3sas5fddda ubuntu:updated $ docker images REPOSITORY TAG IMAGE ID CREATED ubuntu updated c0…

Dockerの「exit」と「detach」の違い

コンテナから出る時、「exit」と「detach」の2つの方法があります。 exit exitは完全にプロセスを切るので、STATUSはExitedになります。 再度コンテナを起動するにはdocker restart コンテナIDで起動できます。 root@abf3s2dssddda:/# exit exit (user) :$ d…

git stashコマンド一覧

「とあるブランチで作業しているとき、別のブランチで作業しないといけなくなった。でも作業が中途半端なのでコミットはしたくない。。。」 そんなときに使うのがgit stashです。 コマンド一覧 コマンド 意味 メモ git stash save コミットはせずに変更を避…